扶桑苑
「扶桑苑」理念
事業情報
財務情報
児童養護施設柏葉荘
柏葉保育園
二十四軒保育園

HOME >> 苦情解決制度について >> 平成24年8月~平成25年7月の苦情解決制度の利用

苦情解決制度

苦情解決制度

平成24年8月~平成25年7月の苦情解決制度の利用

2014. 7. 9

柏葉荘6件、柏葉保育園2件、二十四軒保育園0件

柏 葉 荘

○入所児童の母より、子ども手当の通知が来てないとの不服申し立て。幼児は保護者に、学童以上は本人に通知することになっていることを話すが、兄の入所されている施設からは学童であっても通知があった、施設によって対応が違うのはおかしいとの訴え。→通知を送付する際に、手紙に本人宛に通知していることを記載してあることを伝える。役所の通知通りに手続きをしたが、保護者にとっては不親切であったことを謝罪した。
○入所児童の父より、部活の卒業生を送る会に参加しないことについて不服申し立て。→本人が部活にはまじめに参加していないこと、練習が面倒くさいという理由で父宅に外泊をしたりサボっている状態で、遊びに行く時だけ参加はさせないと指導していることを伝える。一応納得はしているが、部活の状況等事前に教えて欲しかったとのこと。
○入所児童の母より訴え。本児の虫さされの処方薬を他の児童にも使っているという話を聞いたとのこと。→薬の管理が不適切であったことを謝罪した。
○入所児童の母より面会の際、本児のまぶたに傷があり、説明を求められる。→軽傷であり連絡をしなかったとの説明をする。知らせて欲しかったとのことで謝罪した。
○入所児童の母より訴え。本児が買い物に出かけた際、帰りが遅くなって職員に怒られたと話しているとのこと。→当日、悪天候でもあり外出自体を見送るよう指導したが本児が聞かず外出しており、天候のせいで時間が掛かったこともあり、注意をした程度できつい指導はしていないことを説明する。本児が被害的に受け止めているとのことで、職員と本児とできちんと話し合うことで納得した。
○入所児童の父より、職員の言葉遣いが悪いとの指摘がある。「てめえら」「くそがき」などの発言があると子どもから聞いたとのこと。→職員への指導を徹底することを説明し謝罪した。

柏葉保育園

○通園児童クラスの母親より、親の都合で登降園にベビーカーを使って乗せてきたが、親のいない所で子どもに「なぜベビーカーに乗ってきたのか?大きいのにおかしい」などというのは子どもがかわいそう。以前にも、持ち物(行事に使用するエプロン)の素材を子どもが注意された。本来は親に注意すべきことを、子どもに言うのはおかしい。直接言ってほしいとの苦情があり→日常のコミュニケーションが足りない為に意図したものが伝わらなかったと反省し、今後は保護者も遠慮なく話しやすい保育園(保育士)を目指し、信頼関係が築けるよう努力したいと伝えた。
○通園児童クラスの母親より、お迎え時子どもが熱を出していたが、保育士は気づいていなかったとの苦情があり。→今以上に子ども達の様子に注意を払い、急な発熱など体調の変化に見落としのないよう気を付けると伝えた。

月別の記事
2015年6月 (1)
2014年7月 (2)
2012年8月 (4)
2011年7月 (1)
2011年4月 (1)
2011年1月 (1)
2010年10月 (1)
2010年7月 (1)
2010年4月 (1)
2010年1月 (1)
2009年10月 (1)
2009年4月 (1)
2009年1月 (1)
2008年10月 (1)
2008年7月 (1)
2008年4月 (1)
2008年1月 (1)
2007年10月 (1)
2007年7月 (1)
2007年4月 (1)
カテゴリー別の記事
利用実績報告 (24)

扶桑苑 理念

扶桑苑 現状報告書・総括表

扶桑苑 定款

児童養護施設 柏葉荘

幼児保育園

バナー:幼児・乳児保育園

バナー:お問い合わせ お気軽にお問い合わせください

ページの先頭へ